レーシック費用ガイド

日本のレーシック費用は高い?

日本では、レーシック手術が確立されてから、時間があまり経過していません。

しかし近年になって、有名人がレーシック手術を受けたことが話題になって、徐々にレーシック手術を受けている人も増えてきています。

ただしレーシック先進国といわれているアメリカなどと比較すると、まだまだ症例数は多い方ということはできません。

また、日本のレーシックにかかる費用は、アメリカなどと比較すると若干高いという傾向があるようです。中には、アメリカでレーシック手術を受けた場合と日本でレーシック手術を受けた場合とで、10万円近い費用の差が生じることもあるといいます。

ですから、なかには、アメリカなどの海外で、レーシック手術を受けることを検討している人も多いようです。

しかし、あまり費用の安いところでレーシック手術は受けるべきではありません。これは、日本国内のクリニック選びをするときと同様です。海外でも、費用の安いところの場合、レーシック手術の技術にかなり疑問を持たざるを得ないようなところも結構あります。手術を受けたがために、かえって目の状態が悪化してしまうのであれば、話になりません。

日本は、レーシック手術のコストは高いかもしれません。

しかし一方で、最新鋭の機器を用意していたり、アフターケアなどが十分に用意されているというメリットもあります。単に費用だけで比較をせずに、いろいろな要素を加味して最終的にどこで手術を受けるか決めましょう。


病院によってレーシック費用に差があるのはなぜ?

レーシックの費用を各クリニックのサイトで確認してみましょう。

そうすると、クリニックによって、レーシックにかかる費用が大きく違っていることが分かります。同じレーシックでも、あるところでは20万円で受けることができますが、一方で50万円も必要になるクリニックもあります。これだけ費用に差が生じるのは、自由診療であるということがあげられます。

もし保険が適用される治療の場合には、治療の種類や使われた薬剤によって点数がきめられています。

ですから、同じ治療をすれば、費用は同じになるはずです。

しかし自由診療の場合、クリニックで自由に費用を設定することができます。このため、自由診療の治療では、クリニックごとに大きく費用に差がつくこともあります。

またクリニックで提示されているレーシックの費用ですが、どこまでが含まれているのか、あいまいなところがあります。レーシックの手術自体にかかる費用以外にも、検査の代金や処方された薬の費用、さらには術後の検査費用などもあります。このうちすべての費用をトータルで提示しているクリニックもあれば、手術にかかる費用だけを提示しているところもあります。

ですから、安いと思って手術を受けたところ、あとからいろいろな追加料金が発生して、結局は高い料金を支払わされたということも起こりえます。手術を受ける際は、費用にはどこからどこまでが含まれているのか、きちんと説明を受けるようにしましょう。


レーシック費用は保険が効く?

レーシック手術の相場ですが、20万円から50万円となっています。ほかの目の治療を受けたことがある人は、お分かりいただけると思いますが、格段に高い費用が必要になります。なぜレーシック手術の費用が高いかというと、保険の適用外になってしまうからです。

健康保険の適用がある治療の場合、大抵は患者の負担は3割だけとなっています。残りの7割については、健康組合のほうで負担してくれます。ところが、保険の適用外で自由診療扱いになった場合には、全額を患者が負担しないといけなくなってしまいます。ちなみに、現時点でレーシック手術が保険の対象になる可能性は低いと思ってください。

ただし、あなたがもし生命保険や医療保険に加入しているのであれば、給付金を受け取ることができるかもしれません。これは、保険会社や商品によって違うので、保険会社のスタッフに相談をしておきましょう。

また、乱視の人や角膜が元々薄い人は、特殊なレーシック手術を施さないといけなくなってしまいます。すると、先述の相場よりも費用が高くついてしまう可能性があります。

レーシック手術の料金は一昔前と比較すると、かなり安くなっていることも確かです。これは、技術が進んだことによって、かかるコストが低くなったこととも関係しています。

もしかすると、レーシック手術も今後、さらに料金が安くなる可能性もないわけではありません。