老眼のレーシック費用は?

普通に目が見えている人でも、徐々にものが見えにくくなります。老眼といわれる症状がそれです。現在では老眼でも、視力をある程度戻せるのではないかといわれています。レーシック手術で、老眼対策をすることができるのです。レーシック手術の手法の中の一つに、CK手術という方法があります。

CK手術というのは、ラジオ波という特殊な高周波を使って手術を行う方式を言います。ラジオ波を目に照射することで、角膜の一部を収縮させます。このことで、角膜のカーブを変え、ものを見えやすくする手術法を言います。今までは、レーシック手術を使っても、老眼の視力矯正をすることができないとされていました。

しかしCK手術によって、老眼を治すことができるかもしれないという時代になったわけです。

CK手術ですが、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?まずCK手術もレーシック手術の一種なので、自由診療となり、全額自己負担となります。

またCK手術は導入してから時間が浅いので、レーシック手術の中でも高額費用の部類に入ります。クリニックによって、多少料金の違いがあるかもしれませんが、平均すると30万円程度の費用が必要だと思ってください。

また、強度の老眼になってしまうと、CK手術でも視力矯正をすることが難しくなります。特に60歳を超えた人がCK手術を受けても、視力が元に戻らない可能性がありますから、注意しましょう。