レーシック手術後にかかる費用は?

レーシック手術を受ける場合に注意が必要なのは、費用は手術本体だけではないということです。レーシック手術を受けた後にも、定期検診を受ける必要があります。このときにも、料金が請求されることになります。

また、レーシック手術を受けた後には、目の感染症にかかるリスクがあります。感染症予防のために、点眼薬が処方されることが多いです。この点眼薬についても、料金の支払いをしていかないといけなくなります。

レーシック手術を提供しているクリニックでは、いくらという風に、自分のところのホームページで値段を掲載していると思われます。この料金ですが、どこからどこまで含まれているかについて、クリニックごとでばらばらなところがあります。クリニックの中には、レーシック手術以外にも、定期検診代や点眼薬の料金も含めて、トータルパッケージの価格を掲載しているところもあります。

一方で、レーシックの手術本体にかかる費用だけを料金という形で、掲載しているクリニックもあります。

ですから、実際に治療を受けてみて、薬代や検診代といって、別途でお金の請求をされて、トータルで見ると、決してお得ではなかったというケースも出てくる可能性があります。

ですから、手術を受ける際には、どこまでが料金に含まれているのか、検診代も含まれているとすれば、向こう何年間の検診代として料金が提示されているのか、追加の料金が発生する可能性はあるのかということについて、きちんと確認をとっておくことをお勧めします。