乱視のレーシック費用は?

レーシック手術は、近視以外の視力異常でも受けることができます。例えば、レーシック手術を受けることで、乱視を矯正することもできます。特に、ウェーブフロントレーシックというコースは、最も乱視の矯正に適しているといわれています。ウェーブフロントレーシックは、角膜の形状を変えることで、乱視の状態を抑える手術法を言います。

しかも、ほとんどがコンピューターによって制御されているので、安全性の高い手術法ということができます。

特にウェーブフロントレーシックの場合、ウェーブフロントアナライザーという機能が装備されています。ウェーブフロントアナライザーは、眼球の凹凸のデータを計測することができる機能をさします。乱視は、角膜が歪んでいることが多いので、計測をしながら自動調整をすることができることで、レーシックでも乱視矯正を行うことを可能にしたといえます。

ウェーブフロントレーシックを行っているクリニックも、いくつかあります。費用を見てみると、安いところだと両目で18万円弱程度の費用で受けることができます。

しかし高いところになってくると、両目で33万円くらいかかってしまうこともあります。倍くらい費用が変わってくることもあるわけです。

しかし単純に、費用だけで比較をするのはやめた方がいいでしょう。レーシックの症例数が多いかどうか、アフターケアに万全を期しているかどうかといった項目についても、きちんとチェックしておくべきでしょう。