クレンジングオイルって?

クレンジングオイ通常洗使うメイク落メイクは油汚れに含まれるためオイルによくなじむ特性があり、他のクレンジング剤よりも手軽にメイクを落とすことができるというメリットがあります。
しかし、クレンジングオイルは洗浄力を高めるために界面活性剤の配合率が高く、肌を保湿するために必要な皮脂まで取去ってしまうことがあるというデメリットもあります。
そんなクレンジングオイルは、天然成分を主原料とした肌に優しいものを選べば肌質を問わず使用できます。
肌トラブルをケアしながらモチモチ肌を作りあげると評判の「鈴木ハーブ研究所うるおうハーブクレンジングオイル」は、とことん素材にこだわったクレンジングオイルです。
ホホバオイル、ローズヒップオイル、そして稀少なアルガンオイルなどの天然オイルのみを使用し、オイルとは思えないさっぱり感のある使い心地で落ちにくいポイントメイクにもしっかりと対応します。
クレンジングオイル成分は肌に悪い?【界面活性剤どう?】